WordPress(ワードプレス)の使い方は用途によって異なります。ホームページとして使うのか、ブログとして使うかの?WordPressの使い方について、サーバーの設定、テンプレート。プラグインの選び方などをまとめています。

WordPressでホームページ

  • HOME »
  • WordPressでホームページ

誰にでも簡単にWordPressでホームページが作れる時代になりました。

WordPressは無料で入手できるソフトです。

また、テーマと呼ばれるデザインも商用で利用できるものがたくさんあります。

WordPressはそもそも独自ブログを作るためのソフトですから、ホームページにページの作成もブログの記事を書く感覚で容易にできます。

ちなみに、独自ブログというのは、アメブロなどの無料ブログを利用したものではなく、完全に自前のブログという意味です。

独自であるため、ドメインも独自のものを使うことが出来ます。

ドメインというのは、アメブロであれば「ameblo.jp」がそれに当たります。

こういった自由に名前をつけられるドメインが使えるのです。

例えば、「.com」なら独自でドメインを管理しても年間で千円もかかりませんから金銭面での躊躇は必要ないでしょう。

独自でドメインを持つと、グーグルなどでの検索結果の上位に表示させる場合も有利です。

また、ホームページを保存するレンタルサーバーも年間で5千円もあれば借りることができます。(ロリポップなど)

WordPressのインストールを容易にできるように配慮されているレンタルサーバーも増えてきています。

つまり、自分でホームページを作る環境は、ほぼ整備されていることになります。

ただ、問題は無料ではあるのですがWordPressというソフトをインストールする作業が若干難しいのです。

一番やっかいなのは、データベースというソフトの設定だと思われます。

ただ、これも前述の通り、レンタルサーバー会社が工夫をして容易にインストールができるようにしてくれています。

最初だけ大変ですが、インストールさえ成功してしまえば後はブログ感覚でホームページの制作ができますからランニングコストがかかりません。

もし、業者さんなどにホームページの制作や管理をお願いしたら、毎月のように保守費用がかかるのです。

もちろん、毎月膨大な変更が発生して、かつ人手が足りないような業種なら話は別ですが、少しの更新で済むような業種なら自社で可能です。

また、そのレベルの管理で十分なら、自社で管理すべきだと思います。

理由は、コスト以外にも更新のスピードもありますし、変更に対して保守業者さんのフィルターがかからないことです。

ところで、WordPressを使ってたったの6ステップで集客のためのホームページを作る方法をメールセミナーという形でまとめました。

以下の6つのステップでWordPressを使ってホームページを短期間に立ち上げる方法です。

  1. 必要最低限の原稿を作る
  2. WordPressをインストールする
  3. 基本設定する
  4. テーマ(テンプレート)の設定をする
  5. 必要最低限のプラグインの設定をする
  6. 反応が取れるページに育てるための準備をする

くわしくは、こちらのページをご覧下さい。

このページは最終更新日から1年が経過しています。
情報が古い可能性がありますのでご注意願います。
新しい情報があるかもしれませんのでこちらから検索してみてください。

既存サイトをWordPressへ移行する方法

既存サイトをWordPressへ移行する方法

HTMLで作成された既存サイト(ホームページ)をWordPress化する方法を動画にまとめました。

移行に必要な手順を順を追って丁寧に解説した動画です。

もし、あなたの既存サイトをWordPressに移行したいとお考えでしたらご覧ください。⇒ こちらからご登録ください。1分以内にご覧いただくことができます。

PAGETOP