CMSとは、コンテンツマネジメントシステム(Content Management System)のことです。

定義としては、広い定義があるようですが、WordPressもこのCMSの一つです。

要するに、ホームページをホームページ作成ソフトなどでがりがり制作して、泥臭く管理するのではなく管理画面で管理できるようにしたものです。

言うなれば、無料ブログなどは簡単に記事や画像、動画をアップできますが、この仕組みを自前でも使えるようにしたものと理解しても大間違いではありません。

昨今では、クラウド(ASP)の形態で、ネット上に素人でも簡単にホームページ作成、管理ができるサービスが登場しています。

確かに、こういったサービスも有効ですが、WordPressを自分でインストールできるならこれに勝るものはありません

WordPressが流行っている理由は、この素人でも簡単にホームページが維持管理できる環境を提供してくれる点にあります。

たとえば、最初の設定だけを業者さんに任せるという方法もあります。

設定が終わってしまえば、後は無料ブログを更新する要領で記事の更新、追加が可能ですから誰にでも管理できます。

ホームページを使った集客は検索エンジン経由がメインです。

そのためには、狙ったキーワードで上位に上げる必要があるのですが、そのポイントが更新性と言われています。

つまり、作りっぱなしのホームページでは上位表示は難しく、常に更新されたり、ページが追加されている必要があるのです。

この作業を自分でホームページ作成ソフトを使ってやるのか、あるいはWordPressなどのCMSを使ってやるのかでは作業の利便性は大きく異なります。

事実、自分でホームページ作成ソフトを使って管理できる人でさえ、そのWordPressのCMSとしての利便性が高いため乗り換えている人もいるのです。

自動的にHTMLを文法的に正確なページを生成してくれるソフトという点も、CMSを使ったホームページ管理の見逃せないポイントです。

free-footer600x120