WordPressで構築したサイトはビジネスにも使えます。

テンプレートを選んで、一般のホームページと全く同じ見栄えにすることができるからです。

ビジネスで使う場合は、ホームページの更新頻度も上がることが予想されますから自社内で自由に更新ができるWordPressは有効です。

本当に更新頻度が高いビジネスの場合は、専門の業者にまかせるのも一つの手ですがほとんどのケースではそのような頻度の高い更新はありません。

もしあるとしたら、ホームページと言うよりはデータベースを使った更新システムにする方がいいでしょう。

また、業者に管理を依頼すると更新までのタイムラグが発生し、かつ編集者のフィルターまでかかってしまいます。

ホームページというのはビジネスにおいては顧客に直接語りかける部分ですからできれば業者のフィルターをかけたくありません。

業種によってはホームページに高度なデザイン性を要求されることもあると思いますがほとんどの業種では不要です。

つまり、WordPressのテンプレートを使っただけでビジネス用途には十分見栄えが期待出来ます。

ビジネス用途の場合は、検索エンジンの上位に上げる必要もあります。

WordPressはSEOにも強いためビジネス向きです。

また、昨今のSEOはホームページの更新頻度を求めますから頻繁に更新できる自前のWordPressは上位表示にも有利ということになります。

ただ、ビジネス用とで注意すべきことは、WordPressのテンプレートであるテーマを選ぶ際には著作権の問題が生じないように、有料のテンプレートを選んでしまった方が無難ということです。

数千円の有料テンプレートへの投資をケチることで下手をすると大きな損失を被ることになります。