スマートフォンの急速な普及もありますが、Webサイトのモバイル端末対応は必須の課題になりました。

対応のさせ方としては、端末種別をUserAgentなどで判別して別々のページに飛ばす方法が一番ベタな方法です。

ただ、この方法ですと、非常に手間がかかります。

手間がかかっても既にホームページをお持ちの場合は、それぞれのモバイル対応にページを作らないとモバイルからのアクセスの直帰率が高まります。

これに対して、WordPressを使うとモバイル対応もプラグインの力を借りることで簡単にできます。

一昔前までは、携帯対応「KtaiStyle」、スマホ対応「WPtouch」でしたが、WordPressのプラグインの世界も競争が激しいようでぞくぞくといいプラグインが登場します。

そこで、ここ最近でモバイルでもスマホ対応で良さそうなのが「WPtap」みたいですね。

いずれにしても、WordPressをセットアップしたらすぐにどちらかのプラグインを有効化するべきです。

特にモバイルでもスマホからのパソコン向けサイトへのアクセスは加速的に増えています。

それは、スマホでの検索結果がパソコンの検索結果と同じだからです。

スマホは、携帯やパソコンの代わりに増えたアクセスではなく今までにはなかったアクセスです。

そのため、数少ない成長分野といえますので、是非とも捨てることのないアクセスにしたいところです。