WordPressのスマートフォン対応も必須の条件となってきました。

WordPressをスマートフォン対応にしていないと、スマホで検索してきたユーザーはパソコン用のテンプレートで表示されたページをみることになります。

もちろん、テンプレートの選び方にもよりますが、スマホでは見にくいページが多いでしょう。

WordPressのいい点は、各種プラグインがありそれらで自在に機能が拡張できる点です。

WordPressのスマートフォン対応には、WPtouchというプラグインがあります。

携帯電話対応には、KtaiStyleというのがありましたがそれとイメージ的には同じです。

ただ、KtaiStyleは日本製、WPtouchは海外製のプラグインです。

このプラグインを組み込むだけで、スマホでアクセスしてきたユーザーにはスマホの画面に最適化されたページが表示されます。

ただ、WPtouchの表示がすべての人に満足されるかというと話は別です。

単純にブログを書いているWordPressサイトの場合はWPtouchでもいいかもしれませんが、CMSとしてホームページを運営している人には物足りないでしょう。

ただ、今後もどんどんプラグインは開発されてくるでしょうから、とりあえず入れておくにはいいプラグインです。

Googleは、スマートフォンサイトに対応していないサイトは表示順位に差を付けて下げると言っています。

ワードプレスには、テーマがいろいろと無料で公開されていて、レスポンシブWebデザインで作られたテーマがどんどん増えてきました。

専用のスマホサイトには及びませんが、今後はレスポンシブWebデザインのテーマを使うのが主流になってくると思われます。

レスポンシブWebデザインのテーマを使った動画

既存サイトをWordPressサイトにして、その上レスポンシブWebデザインのテーマを使って移行する手順を動画でまとめています。

こちらのページからご覧ください。(無料です。)
 ⇒『既存サイトをWordPress化する方法』