WordPressのカスタマイズをするといっても、カスタマイズするレベルに相当差があります。

基本は、テーマファイルと呼ばれるファイルを書き換えて自分の好みにすると考えて間違いないでしょう。

一番簡単な方法は、WordPressの管理画面を開いて、左側メニューの中の「外観」の中の「編集」を選ぶことです。

この「編集」を選択することで、選択しているテーマ(テンプレート)を構成するファイルが一覧されます。

そして、編集画面が表示されて直接編集が可能なのです。

テーマを構成するファイルは、PHPというプログラム言語で書かれているためPHPの知識が必要です。

ただ、ある程度マネをするだけでも編集が可能です。

思い切って変更して試してみることもオススメできますが、カスタマイズの前にファイルのバックアップを取っておきたいところです。

バックアップを取っておけば、カスタマイズをして問題が起きた場合は元に戻せばいいのです。

ところで、サーバーの設定にもよりますが、テーマを構成するファイルの書き込み権限を変えないと編集ができないケースもあります。

その場合は、若干難易度があがりますが、FTPソフトなどを使ってテーマを構成するファイルに書き込み権限を与える必要があります。

その前にファイルの場所ですが、それは「/wp-content/themes」の下にテーマ名のディレクトリ毎にまとまっています。

FTPソフトなどでサーバーに接続してみればわかります。

基本的に、カスタマイズは誰かの書いたPHPコードをコピーして貼り付けるコピペが間違いが少なくて効果的です。

環境の違いにより動かないこともありますが、凝ったコードでない限りはそのまま使えることが多いからです。