WordPress(ワードプレス)の使い方は用途によって異なります。ホームページとして使うのか、ブログとして使うかの?WordPressの使い方について、サーバーの設定、テンプレート。プラグインの選び方などをまとめています。

WordPress初心者が最初に理解すべきこと

  • HOME »
  • WordPress初心者が最初に理解すべきこと

WordPress初心者のためのインストールや使い方については、ネットを探せばいくらでも詳しい手順があります。

また、WordPressは流行りということもあり、本屋にいけば初心者向けの参考書籍もたくさん売っています。

ただ、こう言ったネットの情報や初心者向けの書籍にはあまり書かれていないことがあります。

それは、本質の理解です。

WordPressをインストールするまでには、いくつかの作業があります。

初心者の場合は、これらの作業の本質を理解しないでネットや書籍を見ながら機械的に作業をする傾向があります。

ところが、このような作業の仕方ですと、いざ問題が起きても対応が出来ないのです。

たとえば、WordPressを使ってサイトを立ち上げる場合は一般的にはドメインを取得します。

なぜ、ドメインが必要なのか?

普段から”ブログ=無料ブログ”と考えている人には、独自にドメインを取得するイメージが浮かびません。

例えるなら、無料ブログを使うのは大規模マンションに入居するようなもの、独自ドメインを取得してブログを作るのは自分で一軒家に住むようなものです。

WordPressをインストールするには、自らレンタルサーバーを借りる必要がありますが、無料ブログを使っているとこのイメージもわきません。

独自に立ち上げるWordPressを使ったサイトは無料ではありませんから、ドメインと同様に、レンタルサーバーを借りるのにもお金が必要なのです。

また、技術的にも知識的にも難易度が上がるのがデータベースの存在です。

WordPressは、データ(ブログやサイトの記事)をすべてデータベースに保存します。

一般のホームページのように、個々のHTMLファイルには保存しません。

データベースを使うことのメリットは、テンプレートなどを変更すれば外見を簡単に変更できることです。

また、データベースのデータをバックアップすれば他のレンタルサーバーなどにも移すことができます。

これと関連してテンプレ-トの存在が出てきます。

テンプレートとは、ホームページの見た目を変えてくれるものです。

WordPressのいい点は、このテンプレートが無料で使えるものが充実している点です。

そのため、テンプレートを変更するだけで本格的でデザイン性に富んだサイトにすることができます。

WordPressには、プラグインの存在が欠かせません。

プラグインがあると、WordPressに様々な機能を追加することができます。

素人の方が思いつく機能であればほぼ間違いなくプラグインが存在します。

分かりやすい例ですと、メールフォーム、携帯サイト用テンプレート、スマートフォン用テンプレート、サイトマップ作成機能などです。

こういったWordPressのインストールに必要な作業についての本質的な知識があるのとないのとでは将来的にもその使い勝手が変わってくるのです。

ところで、既存のHTMLサイトをWordPressサイトに移行したい方のための動画セミナーがございます。

完全無料で全てご覧いただけますので、参考にしてください。

free-footer600x120

このページは最終更新日から1年が経過しています。
情報が古い可能性がありますのでご注意願います。
新しい情報があるかもしれませんのでこちらから検索してみてください。

既存サイトをWordPressへ移行する方法

既存サイトをWordPressへ移行する方法

HTMLで作成された既存サイト(ホームページ)をWordPress化する方法を動画にまとめました。

移行に必要な手順を順を追って丁寧に解説した動画です。

もし、あなたの既存サイトをWordPressに移行したいとお考えでしたらご覧ください。⇒ こちらからご登録ください。1分以内にご覧いただくことができます。

PAGETOP