ワードプレスのインストール手順としては以下のようなステップになります。

  1. MySQLを使ってデータベースを作成する
    (同時に、ユーザーを作成する)
  2. WordPressを入手する
  3. FTPでWordPressをアップロードする
  4. 設定ファイルを作成し、インストールを実行する

手順を列挙するとインストール方法は容易にも思えますが、PCが苦手な方にはいくつか高いハードルがあります。

一番は、データベースの作成、およびユーザーの作成です。

次が、FTPでのファイルアップロード中にエラーが発生しやすいことです。

WordPressのファイルは、数が多いのでアップロードに時間がかかりエラーが起きやすいのです。

また、設定ファイルへの情報を入力についても、どの値がどこに対応しているのか分かりにくいです。

そういう意味では、今は断然レンタルサーバー会社が準備してくれている自動インストール(簡単インストール)機能を使うのが便利です。

自動インストールのデメリットは、1つのデータベースで複数のWordPressサイトを管理するのが難しい点です。

ただ、一般的な方はこのような使い方をしませんしする必要もありません。

以下のレンタルサーバー会社は、すべて自動インストール(会社によって呼び名は異なります)が用意されています。

  • ヘテムルレンタルサーバー
  • お名前.comレンタルサーバー
  • エックスサーバー
  • ロリポップレンタルサーバー
  • さくらインターネット
  • クイッカ

利用料金も手頃な会社も多いので、あえて難しい手動でのWordPressインストールをする必要はないと思います。

もし、あなたが今利用されているレンタルサーバーに自動インストールのような機能がないのであれば、以下のサーバーに乗り換えてもいいのではないかと思うぐらいです。

※今どき、自動インストールサービスを用意してくれていないレンタルサーバー会社など先行き不安とも考えられます。

以下、レンタルサーバー会社ごとのWordPress自動インストールを説明したページへのリンクになります。

ヘテムルレンタルサーバーでのWordPressのインストール方法

http://heteml.jp/support/manual/wordpress/

お名前.comレンタルサーバー(共用サーバーSD)でのかんたんブログインストール

http://guide.onamae-server.com/sd/4_18_50_124_5/

エックスサーバーでのWordPress自動インストール

http://www.xserver.ne.jp/manual/man_install_auto_word.php

ロリポップレンタルサーバーのWordPress簡単インストール

http://lolipop.jp/manual/user/applications-wordpress/

さくらインターネットのクイックインストール

https://help.sakura.ad.jp/app/answers/detail/a_id/2319

※さくらインターネット(ライト)では、データベースは手動でインストールする必要があります。

クイッカでのWordPress自動インストール

https://quicca.com/manual/man191.html

 

このページは最終更新日から1年が経過しています。
情報が古い可能性がありますのでご注意願います。
新しい情報があるかもしれませんのでこちらから検索してみてください。