ワードプレスのソフトは、PCではなくて、レンタルサーバーなどのサーバーにインストールします。

ワードプレスのソフトは、WordPressの公式サイトに行くと見つかります。

【WordPress《日本語》】
https://ja.wordpress.org/

1231-01

このページの右下にあるボタンでソフトを自分のPCにダウンロードすることができます。

そして、このソフトをレンタルサーバーにインストールするのですが、その方法はアップロードという方法を使います。

その後、MySQLというデータベースの設定をして、その情報を設定ファイルに入力してソフトのインストールが終わります。

ただ、この方法は初心者の方には難しいですね。

そこでオススメなのがレンタルサーバーさんが用意してくれている”自動インストール”という機能です。

”自動インストール”という呼び名は、レンタルサーバーによって変わりますがやってくれることはほぼ同じです。

レンタルサーバーさんの管理画面の中に”自動インストール”というメニューがありますので、そこから順番にクリックしていくだけです。

WordPressのソフトは、もともとレンタルサーバーの方にあるので、自分のPCにダウンロードする手間はありません。

メニューからクリックをするだけで、レンタルサーバーの方ですべて行われます。

そもそも、ソフトのダウンロードも、そしてレンタルサーバーへのアップロードも、共に時間がかかります。

アップロードの場合は、途中でエラーになったりもしますので初心者の方にはオススメできない方法です。

そういう意味でも、”自動インストール”機能はとても便利です。

また、MySQLというデータベースの設定も初心者の方にはとても難しいですが、自動インストールを使えば上位の操作の途中で自動的にやってくれるのです。

エックスサーバーですと、自動インストールの画面は以下の様な画面です。

0102-01 


top_wordpress

このページは最終更新日から1年が経過しています。
情報が古い可能性がありますのでご注意願います。
新しい情報があるかもしれませんのでこちらから検索してみてください。