XREA、CORE-SERVERなどのPHPはセーフモードで動いています。それに対して、その他のレンタルサーバーのPHPは、一般的にはCGIモードで動いています。

PHPがセーフモードで動いていると、WordPressの管理画面からバージョンアップやプラグインのインストールをしようとすると”接続情報”を聞かれます。また、”接続情報”を正しく入力してもエラーが発生してインストールできないことが多いです。

そこで、対策として、”.htaccess”に対して、一部のphpファイルを動かす場合だけ、セーフモードで動くように設定をします。
以下の内容を”.htaccess”に追加します。


AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

このページは最終更新日から1年が経過しています。
情報が古い可能性がありますのでご注意願います。
新しい情報があるかもしれませんのでこちらから検索してみてください。