●「Twitter Bootstrap」をWordPressで使う

「Twitter Bootstrap」といのは、CSSのフレームワークです。

要するに、このCSSを使えば、デザインが苦手な人でもかっこいいサイトが簡単に作れてしまうと言う優れものなのです。

このサイトの説明も分かりやすいので読まれるといいと思います。
http://blog.asial.co.jp/887

【公式サイト】
http://twitter.github.com/bootstrap/index.html

ボタン、ラベルは言うに及ばず、テーブル、フォームまで素敵なデザインがこのCSSを使うだけで簡単に表現できてしまうのです。

WordPressでホームページが自分で制作、更新できるようになったら、次に欲が出るのは「もっといいデザインが欲しい」というものです。

ただ、ゼロからデザインなどしていては本業がおろそかになることはもちろん、かけた時間の割には大したものができないのが落ちです。

そういう意味では「Twitter Bootstrap」は、本当にすごいですが、WordPressで使えればもっとすごいのですが、テーマがあるのです。

WordPress Bootstrap
http://320press.com/wpbs/

このテーマをダウンロードして設定すれば、すぐに「Twitter Bootstrap」のデザインの恩恵を受けることができます。

しかも、リキッドデザインと呼ばれる幅が可変のデザインなのでスマホはもちろん、各種タブレット端末に対応したページを作ることができます。

このページは最終更新日から1年が経過しています。
情報が古い可能性がありますのでご注意願います。
新しい情報があるかもしれませんのでこちらから検索してみてください。