WordPressのテーマファイルの編集で更新をしようにも、異様に時間がかかり結局このメッセージが表示されて更新できなくなりました。

致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHP の変更は取り消されました。SFTP を使うなど、他の手段で PHP ファイルの変更をアップロードする必要があります。

使っているWordPressのバージョンは4.9.8ですが、どの更新のタイミングでこのような状況になったのか分かりません。

ネットで情報を探したところ、”プラグインが怪しい”と思われたので一度すべてプラグインを停止して試してみました。

結果として、プラグインがすべて停止していると問題なく更新ができました。

そこで、犯人捜しとしてどのプラグインが悪影響を与えているのか調べました。

犯人は「Intagrate Lite」プラグインでした。

とりあえず、こいつは使わなくても困るプラグインではないので止めてしまうことにしました。

ところで、大量のプラグインを使っている場合は、1つずつ確認していると犯人捜しが大変です。

オススメの方法は、2分割を繰り返すことによる検索方法です。

プログラミングの世界では「二分探索」と呼ばれる方法です。

半分止めて、半分有効化して試せばどちらに悪さをしているプラグインがあるかわかります。

これを繰り返していくと、最短で犯人であるプラグインを探すことができます。

ただし、この方法は犯人が1つの場合に使える方法なので、2つ以上ある場合は多少工夫をする必要があります。

ただ、やり方は基本的には同じなので、2分割を繰り返していけば最短の手順で探すことができます。

ところで、今回のエラーメッセージ『』をネットで探したところ、同じようにプラグインが犯人だったという情報がありました。

そのページでの犯人プラグインは「Access Category Password」でした。

私のWordPressにはこのプラグインは入っていなかったので自ら探した訳です。