TCDテーマファイルのヘアサロン系店舗向けに開発された「BEAUTY (tcd054)」は非常に優れたテーマファイルです。実際に「BEAUTY (tcd054)」を使ってサイトを立ち上げてみて気づいたこととして、今購入を検討している方が購入する前に確認しておかないといけないことをお伝えします。それは、BEAUTY (tcd054)は子テーマがサポートされていないことです。ところが、TCDテーマはバージョンアップが頻繁に行われますので、子テーマが使えないとカスタマイズが困難となります。

子テーマ対策はこちらの記事「BEAUTY (tcd054)に子テーマを使うとスライダーが表示されなくなる場合の対処方法」をご覧ください。

Beauty(tcd054)をレビューします

Beauty(tcd054)を実際に私が使って感じたことをレビューします。

詳しい機能などの紹介は私がしても意味がないですし、本家のページに分かりやすくまとめられています。

ですので、本家のこちらのページをご覧ください。

このページではあくまでも私が使った上でシェアしたいことをまとめています。

本家のページをご覧になる前に参考にして頂けるとよろしいかと思います。

TCDテーマオプション

Beauty(tcd054)に限らずTCDのテーマは、WordPress管理画面の「外観ーTCDテーマオプション」から設定を行います。

TCDテーマに関する設定は、すべてここに集約されています。

設定箇所は多く、また用語が理解しにくいので、最初は苦労するかもしれません。

ただ、マニュアル通りに設定すればいいので、何回か作業をすれば慣れます。

トップページについて

トップページに関しては、自動的に作成されるようになっています。

固定ページで直接文章を入力したり、画像を入れたりする必要がありません。(また、逆に、そのようなことができません。)

トップページの構成要素は、”News”、”Style”、”Staff”というカテゴリが用意されています。

文字通り、お店の発信する最新情報、お店が提供しているヘアスタイル、そして、スタッフであるスタイリスト様の紹介のことです。

これらの構成要素がトップページにコンパクトとにまとめられます。

”News”、”Style”、”Staff”は、それぞれ”おしらせ”、”スタイル”、”スタッフ”という名称で、管理画面に”投稿”と同列にメニューとして配置されています。

それぞれを投稿と同様の”記事”として追加していきます。

抜群のスマホ表示でのデザイン性の高さ

時代はモバイルファーストであり、アクセスユーザーの大半はスマホユーザーです。

いかにスマホでの表示が最適化されるかが勝負ですので、レスポンシブWebデザインは当たり前です。

そして、レスポンシブWebデザインのテーマファイルが主流になりつつあります。

ただ、世のレスポンシブテーマは、ほとんどがデザイン性がまだ高くありません。

それらのほとんどが、単純にスマホ表示に最適化して表示してくれているに過ぎないテーマファイルです。

そんな中で、Beauty(tcd054)のスマホ表示は非常にデザイン性が高いです。

個人的には、このスマホデザインだけを目的にこのテーマファイルを利用してもいいかと思っているぐらいです。

ホバーエフェクト設定が秀逸だが時代遅れか?

いい話と悪い話です。

まず、PCで表示した場合のホバーエフェクトが秀逸です。

ワンランク上のデザイン性を感じます。

ホバーエフェクトが機能するのは、投稿のサムネイル画像(アイキャッチ画像)です。

投稿というのはブログですが、Beauty(tcd054)の場合はスタッフ、スタイルページともの投稿ページをカスタマイズして作っているためホバーエフェクトが機能します。

ただ、このホバーエフェクトはスマホでは無意味です。

なぜなら、ホバーエフェクトは、ホバー、つまり、写真の上にマウスカーソルを重ねた際に動作する効果です。

スマホではホバーという操作は行えません。

昨今のWebサイトへのアクセスの大半は、スマートフォンからのアクセスです。

特に、女性客の多いヘアサロンのWebサイトなどは8割以上がスマホ経由であることが予想されます。

そういった意味から、残念ながらPC限定のホバーエフェクトの威力を感じてもらうケースは少ないかもしれません。

結論としては、ホバーエフェクトは、PC表示時代の機能であってもはや時代遅れの感があります。

消える予約ボタン

残念なことにPC表示ではヘッダーに表示されている予約ボタンがスマホ表示では消えてしまいます。

スマホ表示の際は、代わりにページ下部に表示されるようになります。

ただ、スマホ用としては、フッターメニューとして、電話する、予約する、問い合わせするという「フッターバー」なるものが表示されます。

考え方次第ですが、これだけで十分という考えもあります。

ただ、ヘッダーに予約ボタンがないのはもったいないです。

そこで個人的には、グローバルメニューにも予約ボタン(予約メニュー)を入れるのをオススメします。

そうすれば、一番目立つヘッダーから予約への動線を確保しておくことが可能になります。

残念なインスタグラム未対応

Beauty(tcd054)は、ほとんどのSNSボタンに対応しています。

ただ、今一番旬なSNSであるインスタグラムには対応していません。

ヘアサロンという業種を考えると、インスタグラム対応は必須です。

そこで、自らカスタマイズしてインスタグラム対応にする必要があります。

インスタグラムのフィードを表示するためには、プラグインがあるのでそれを使えば簡単です。

ただ、トップページについては、テーマファイルを編集する必要があるため難易度が上がります。

また、テーマファイルを編集するということは、テーマのバージョンアップに備えて子テーマを使う必要があります。

ところが、Beauty(tcd054)は一般的な方法で子テーマを適用すると不具合が発生します。

その詳細と対応方法については、こちらを参考にしてください。
BEAUTY (tcd054)に子テーマを使うとスライダーが表示されなくなる場合の対処方法

なお、トップページ以外は、プラグインのショートコードのみで対応可能です。

詳しい機能は本家のページをご覧ください。