WordPressの4.8以降では、カスタムHTMLウィジェットが追加されました。今までテキストウィジェットでHTMLを貼り付けていた場合はこちらを使った方がパフォーマンスが上がるようです。つまり、アフィリエイトコードを貼り付けるならテキストではなくカスタムHTMLウィジェットということになります。

ウィジェット画面で”カスタムHTML”を最初見たときは「なんだこれっ」て感じでした。

WordPressの4.8以降で、ウィジェットの部品として追加されたのがこれです。

今までの”テキスト”ウィジェットに加えて”カスタムHTML”ウィジェットが追加されました

そして、HTMLを書くならテキストを使うのではなく、カスタムHTMLを使う方がいいです。

と、WordPressさんがおっしゃっておられます。

テキストウィジェットも今まで通りにHTMLを使えます。

ただ、設定済みのテキストウィジェットを開くと、以下のようなメッセージが表示されます。

このウィジェットには、新しい「カスタムHTMLウィジェット」でよりうまく動作するコードが含まれている可能性があります。そちらのウィジェットを試してみませんか?

私自身が検証したわけではないのですが、アフィリエイトタグを使う場合は処理速度が上がっているという情報があります。

つまり、JavaScriptの実行速度が速いみたいなのです。

そう考えると、アフィリエイターの場合は、カスタムHTMLウィジェットを使うことになると思います。

もちろん、アフィリエイターに限らず、カスタムHTMLウィジェットは使えますから早めにWordPress4.8に早めに移行ですね!

 

ところで、今までのテキストウィジェットは、編集画面が変わってリッチテキストモードで編集できるようになっています。

見てもらった方が早いですが、入力欄が投稿とか固定ページの入力欄のようになってテキストの装飾メニューが並んでいるのです。

これまでは、装飾しようとしていたらHTMLを使うしかなかったですが、これでPCが苦手な人にも作業が一気に楽になりました。

今までは、太字にしたり色を付けるだけでも大変でしたからすごい変化と言えます。

ちなみに、新規で作るテキストウィジェットはリッチテキストモードで表示されますが、既にあるテキストウィジェットは今までと同じ表示です。

4.8移行を使うなら、一般の人の場合は、テキストウィジェットだけで十分ということになります。

ただ、JavaScriptをつかうような人はカスタムHTMLを使う機会が増えそうですね。

期間限定情報

本日が締め切りです。