●スマホ専用サイトとレスポンシブwebデザイン

今後は、WordPressで作ったWebサイトでも、iPhoneなどのスマホに最適化されたページはどうしても準備しておく必要があるでしょう。

ところで、スマホに最適化されたWebページを準備する際に、その方法は二択になります。

それは、Googleに好かれる方を取るか、ユーザーの見やすさを取るかということです。

前者は、レスポンシブwebデザインという手法を使って、CSS3を駆使することでPCサイトをそのままスマホでみても見やすいようにします。

この方法は、Googleが推奨しているWebページの作り方ですのでもしかすると検索順位の決定要素としても有利かもしれません。

また、WordPressでサイトを作っている場合は、こちらを選ぶのが現実的です。

ただ、やはり限界があって、本当の意味でスマホに最適化されたとは言えないかもしれません。

また、画面サイズには適応して閲覧性が上がっても、スマホの操作性までは では対応しにくいのです。

後者は、JQueryMobileを使って、新たにPCサイトからスマホサイトを作る手法です。

一見面倒ですが、既にある文字を貼り付けるだけですし、また、JQueryMobileのパーツを駆使することで操作性が上がるメリットもあります。

デメリットといえば、やはり原稿の二重管理になるということでしょう。

また、WordPressで作ったサイトの場合は、こちらのオプションは採用しづらいです。

このページは最終更新日から1年が経過しています。
情報が古い可能性がありますのでご注意願います。
新しい情報があるかもしれませんのでこちらから検索してみてください。