せっかくインストールしてWordPressを使い始めたけど、いざ記事を投稿してそれに付ける写真(画像ファイル)をアップロードしようとしたらエラーになった、ということがたまにあります。

その際、画像ファイルをアップロードすると、”何やら移動できない”などのエラーメッセージがでる。

8128375ac_s

テーマファイルをZIP形式でアップロードしてのインストールもできない。

WordPress本体の自動アップデート、プラグインの自動アップデートもできない。

こういった事象が起きる場合は、レンタルサーバーの”PHPのセーフモード”によるものであることが多いです。

以前は、XREA、COREサーバーでこの事象が起きていましたし、私も体験した記憶があります。

今は、どちらも、セーフモードが解除されたそうでこの事象は起きないようです。

さすがに、WordPressの利用者が激増しているので、多くのユーザーから苦情が寄せられたのでしょう。

また、苦情で済めばいいですが、「あそこのサーバーは使うな」となっては一大事ですから対応したのでしょうね。

事実、このセーフモードがONになっていると、WordPressは使い物になりません。

セーフモードがONですと、WordPressのプログラムが新しいディレクトリを生成できないために上記のような事象が起きます。

もちろん、手動でFTPなどを使って新しいディレクトリを作って運用を続けることは可能です。

ただ、こんな面倒なこと私たちのような詳しい人間でもやってられませんから、一般の方には到底オススメできません。

Time is Money. ですから、数千円をケチっている場合ではありません。

さっさと、別のレンタルサーバーに乗り換えた方が圧倒的にコストがカットできますって話になります。

今は、有名どころのレンタルサーバーでは、この間抜けな問題は発生していません。

もし、まだこのような問題が起きるようでしたら、恐らくマイナーな会社だと思われます。

私がアドバイスを求められれば、躊躇なく普通のレンタルサーバーに乗り換えられることをオススメします。

このページは最終更新日から1年が経過しています。
情報が古い可能性がありますのでご注意願います。
新しい情報があるかもしれませんのでこちらから検索してみてください。