プラグインが原因で、突然WordPressの管理画面にも、公開ページにも、アクセスできなくなって画面が真っ白になってしまうことがあります。

原因がプラグインである場合は、全てのプラグインを停止して1つずつ動かしていけば原因のプラグインがわかります。

ただ、画面が真っ白なんですからそれもできませんよね。

そこで、FTPを使います

8-01

FTPでWordPressのファイルのあるサイトにアクセスしてプラグインファイルを全て削除してしまうのです。

削除してしまっても後から再度インストールし直せばいいので問題ありません。

古いバージョンを残しておきたい場合は、ご自身のPCにダウンロードしておくといいと思います。

FTPに接続すると、ルートフォルダにwp-admin、 wp-content、 wp-includes という3つのフォルダが見つかります。

この中のwp-contentの下にpluginsというフォルダがあります。

その中にプラグインのファイルがフォルダにまとまって入っていますのでこれを全部削除します。

画面が真っ白の原因がプラグインであったのであれば、再度WordPressのサイトにアクセスすれば「プラグインがない」というエラーは表示されますがアクセス可能になるはずです。

後は、順番に今まで使っていたプラグインを再度インストールしていく訳です。

そして、また画面が真っ白になったのであれば、その直前にインストールしたプラグインが原因と考えられます。

画面が真っ白になってしまったら、今度はFTPを使ってそのプラグインだけを削除します。

ただ、1つのプラグインが原因というよりは、プラグイン同士の相性が悪いことが原因になるケースの方が多い様です。

ですので、再度プラグインをインストールする場合は、優先順位の高いプラグインからインストールすることをオススメします。

このページは最終更新日から1年が経過しています。
情報が古い可能性がありますのでご注意願います。
新しい情報があるかもしれませんのでこちらから検索してみてください。