WordPressでPCスマホで、別のテーマ(テンプレート)で表示できるといいですね。

今WordPressでできるスマホ対応は、レスポンシブWebデザイン対応のテーマファイルを使うのが一般的です。

ただ、実はテンプレートを切り替える方法があります。

それは、WPtouchというプラグインを使う方法です。

0807-01

このプラグインを使うと、PC表示は使っているテーマファイルで表示されますが、スマホの場合はWPtouchのテンプレートで表示されます。

WPtouchには、いくつかデザインがあるので選択ができます。

ただ、どこかのサイトが使っているようなデザインばかりなのであまり独自性はありませんし何よりも地味です。

それでも、WPtouchのファイルを編集すればデザインはいじれます。

そのため、理論的には、デザインを徹底的にいじれば、PCとスマホで異なる思い通りのデザインのテンプレートで表示を分けることができます。

ただし、正直この方法はかなり技術レベルが要求されますし、WPtouchプラグインのバージョンアップがあると今までの変更をキレイさっぱり失うことになります。

現時点では、現実的でない方法かもしれません。

ところが、将来的に、WPtouchが”子テーマ”というのを使えるようになると、この方法が一気に現実的な方法になります。

子テーマというのは、カスタマイズ専用のテーマとでも言いましょうか、テーマファイル本体には影響を与えないで独自の変更だけを保持することができるものです。

テーマファイルもバージョンアップをすると、それまで加えてきた更新がキレイさっぱり失われる運命にあります。

ところが、この子テーマによってそれが避けられるのです。

ただ、個人的には、今後は”スマホファースト”という感じで、スマホの表示を最優先に考慮してテーマファイルを作るべきだと思います。

PC表示の方は、あまり気合いを入れなくてもいいように思います。

ここまで極端な考え方だと怒られそうな気もしますが、今のサイトアクセスのスマホ率の高さと言ったら驚きの一言です。

こんな業界のサイトでも、スマホ率の方が多いの?ってことが普通になってきました。

つまり、スマホファーストで設計されたレスポンシブWebデザインのテーマファイルがベストなソリューションではないかと思っています。

このページは最終更新日から1年が経過しています。
情報が古い可能性がありますのでご注意願います。
新しい情報があるかもしれませんのでこちらから検索してみてください。