お問い合わせフォームの入力項目に電話番号以外が入力された場合にチェックをしてエラーを表示したい場合があります。

そのようなカッコいいチェック機能が、WordPressのプラグインであるContactForm7を使うと簡単に組み込めます。

自分でホームページを作成される場合に、お問い合わせフォームの組み込みはなかなかハードルが高いと思います。

私は、自分でホームページを制作してメンテナンスしようとしている方にとって、WordPressを使う最大のメリットはこのお問い合わせフォームの使い勝手の良さだと思っているぐらいです。

ホームページでビジネスをする以上、お問い合わせ、お申し込み、お見積もりなどのフォームは必須機能です。

フォーム機能がないと、はっきりいってお話にならないとも言えます。

だからといって、無料お問い合わせフォームなどのサービスを使ってしまうと、ユーザーのアクセスが他のサイトに移動してしまいます。

これは、信頼性にも関わりますから、個人的にはとてもオススメできない方法です。

また、メールアドレスをホームページに記載する方法などはスパムメールを呼び込むことになるため論外です。

そういった意味でも、WordPressを使って簡単にフォーム機能が使えるようになったということは”革命”とも言えます。

ContactForm7では、以下の様に項目を追加するときに”電話番号”を選ぶだけで入力項目のチェックをしてくれます。

728-02

電話番号の入力エリアに、電話番号以外の入力があると以下のようにエラーメッセージが表示されます。

0728-01

このような機能を従来型のPHPなどのフォームプログラムで実現しようとすると、PHPファイルを直接編集する必要があるためPC不得意の方にはハードルが高すぎました。

少々PCが使える方でも、もしエラーが起きてしまうと対応が難しくなるのがPHPなどのプログラムを使った場合の難点なのです。

設定方法については、こちらの無料動画セミナーで詳しくご紹介しています。

 ⇒ 無料動画セミナー『既存サイトをWordPress化する方法』

ちなみに、ContactForm7には、これ以外にも有り余る優れた機能があります。

例えば、かっこよく透かし文字を入れる、などです。

よく入力エリアに入力例が透かし文字で入っていて、文字を入力すると消えるのをご覧になったことがあると思います。

そんな機能まで、本当に簡単に組み込んでしまえるのがContactform7なのです。

その方法とそれ以外のいろいろな機能については、こちらのオンライン講座(こちらは有料です)でたくさんご紹介しています。

 ⇒ 『えびマケWordPressオンライン講座』(別サイトに移動します)
  ※ページ中程の「(3)便利なプラグインの使い方」をご覧ください。

このページは最終更新日から1年が経過しています。
情報が古い可能性がありますのでご注意願います。
新しい情報があるかもしれませんのでこちらから検索してみてください。