スマホ対応プラグインの名作と言われるWPtouchですが、ホームページとして、つまりブログでないWebサイトとして使えるのでしょうか?

私なりの結論としては、レスポンシブWebデザインのテーマファイルには劣りますが、結構使えるという印象です。

030

ただ、今はデザインや機能の優秀なレスポンシブWebデザインのテーマがたくさんありますから敢えて「WPtouch」を選ぶ意味を感じません。

WPtouchを使うシチュエーションとしては、今使っているテーマファイルを変更したくない、あるいはしばらく変更できないという場合にとりあえずスマホでの表示をそれなりにしたい場合でしょうか?

それなりと表現したのは、WPtouchの初期状態をある程度カスタマイズしないと満足のいくデザインにならないからです。

また、これも恐怖の”二重管理”になります。

何か大きな変更がある度に、PCサイトはテーマファイルをカスタマイズし、スマホサイトはWPtouchをカスタマイズすることになります。

ただ、正直言って私もWPtouchを使い込んだことがあるわけではありません。

スマホ登場の黎明期から活躍してきたWPtouchですから、ネット上でもいろいろなテクニックが紹介されていてファンも多い様です。

事実、まとめサイトなどではWPtouchが今もよく使われているのを見かけます。

捨てたモノじゃないプラグインだとは思いますが、個人的には断然レスポンシブWebデザインのテーマファイルの利用をお勧めします。

このページは最終更新日から1年が経過しています。
情報が古い可能性がありますのでご注意願います。
新しい情報があるかもしれませんのでこちらから検索してみてください。