結論から言いますと、WordPressサイトにしてしまえば楽に業者さんから社内での更新作業に移行することが可能です。

社内で更新ということになると技術がない人が対応すると考えて、コンテンツ、つまり文章や画像に集中できる環境を作る必要があります。

その環境が、WordPressサイトになります。

WordPressサイトを運用するには、2つの方法があります。

最初の立ち上げ(制作)までは業者さんに依頼して、その後社内で更新作業を開始する。

もう一つは、最初から勉強しながら社内でWordPressサイトを立ち上げてしまう、の2つです。

008187

後者の方法は、一見お得そうですが、時間的なロスを考えるとビジネスの手段としては疑問符が付きます。

WordPressは、アメブロなどの無料ブログやワードなどのワープロソフトを使う感覚で操作ができます。

あらかじめ、基本的なデザインがされたWordPressサイトを立ち上げてしまえば、後はブログを書いたり、書いたブログを修正したりするイメージで更新が可能になります。

よくデザインにこだわる方は、「ダサいデザインだと反応が落ちるから社内運用はよくない」と言われるようです。

私から言わせれば、ホームページのコンテンツの更新がタイムリーにできなかったり、運用側の意図が適切に反映されていない方が余程反応が落ちると思います。

ホームページの最大の利点は、タイムリーに内容を更新したり追加できる点です。

業者に更新をお願いしているケースで、タイムリーな編集というのは可能でしょうか?

経験者のほとんどが、ホームページ保守業者の対応は遅くてイライラするとおっしゃいます。

お金を払って外注をしている上に、売上に悪影響を与えることをされている、と言ってしまっては言い過ぎでしょうか?

それに、ちょっと工夫すればWordPressサイトは、そこそこのデザインのビジネスサイトに作ることが可能です。

このページは最終更新日から1年が経過しています。
情報が古い可能性がありますのでご注意願います。
新しい情報があるかもしれませんのでこちらから検索してみてください。