費用をかけずになら、WordPressを使ってレスポンシブWebデザインのテーマを使うのが現時点ではスマホ対応の私の一番のオススメです。

076404

レスポンシブWebデザインというのは、PCからタブレット、スマホと画面のサイズが変わると自動的にフォントサイズやレイアウトを変更してくれるものです。

既存のホームページがHTMLで作成されたものであっても、同じサーバーの別のディレクトリにWordPressをインストールしてそこにコンテンツをコピーしながら移行作業が可能です。

詳しくは、こちらの無料動画セミナーでご紹介していますので参考になさって下さい。
 ⇒ 無料動画セミナー『既存サイトをWordPress化する方法』

業者に依頼するとスマホ対応というだけで、かなり高額な費用を請求されます。

加えて、レスポンシブWebデザインになりますと、更に見積もり額が上がる可能性があります。

それに対して、WordPressのテーマファイルは、流行で最新のレスポンシブWebデザインであっても無料のテーマがたくさん増えてきました

WordPress標準のテーマである「Twenty Twelve」もシンプルでいいテーマです。

既存のホームページがWordPressサイトであれば話はもっとシンプルです。

やることは、テーマファイルを変更するだけですから、あっという間にスマホ対応のホームページの完成です。

ただ、このように便利なレスポンシブWebデザインも問題があります。

それは、スマホ専用サイトには操作性もデザインも劣るということです。

ただ、スマホ専用サイトを作るということは、PCサイトとスマホサイトを分ける、つまり二重管理するということになります。

1種類のコンテンツを2種類のホームページで同期を取って運用するのは非常に面倒な作業です。

そういう意味で個人的には、WordPressとレスポンシブWebデザインのテーマの組み合わせをオススメします。

リソースに余裕のある会社や個人の方以外は、レスポンシブWebデザインでなるべく、操作性、デザインに工夫を凝らして運用するのが現実的だからです。

このページは最終更新日から1年が経過しています。
情報が古い可能性がありますのでご注意願います。
新しい情報があるかもしれませんのでこちらから検索してみてください。