今のサイトがPCでの表示しか意識して制作されていないと、スマホからのアクセスの大半を逃す時代になってきた感じがします。

スマホ対応待ったなしですが、よくお客様からご質問される質問としても”レスポンシブWeb
デザイン”と”リダイレクト”のどちらがいいのという質問があります。

もちろん、リダイレクトとは、スマホ専用サイトを作ってPCサイトにアクセスしてきたスマホユーザーをそちらにリダイレクトするという意味です。

判断基準は、やはり運用コストだと思います。

032

レスポンシブデザインの方は、画面サイズに合わせて最適な画面デザインに変えてくれるものですから、コンテンツは一種類管理するだけですみます。

一方、スマホ専用サイトを作る場合は、PCサイトと2種類のコンテンツを管理する必要が出てきます。

この二重管理というのは、一度でもやったことがある方ならほぼ”あり得ない”選択だということが分かると思います。

あり得ないぐらい面倒くさくて、とても本業の空き時間にするような仕事では済まなくなります。

ただ、この二重管理をしてでもスマホ専用サイトの方が、スマホからの反応はワンランクよくなります。

このように、レスポンシブデザインとリダイレクトと、それぞれ一長一短あります。

どちらを選ぶかの私の判断基準ですが、それは会社にWeb担当者を置けるかどうかの差だと思います。

Web担当者がいる会社なら、二重管理になってもスマホ専用サイトを運営すべきだと思います。

特に、Webからの売り上げが大きい業種の場合は、迷わずにスマホ専用サイトを運営してスマホで利用しやすいサイトを極めるべきです。

逆に、一般の個人事業主、中小零細企業の場合は、とてもこのような恵まれたリソースはないはずです。

そう考えると、やはり選択肢としてはレスポンシブWebデザインということになります。

レスポンシブWebデザインであっても、スマホでの表示を工夫することはある程度可能ですから捨てたものではありません。

もちろん、スマホ専用サイトにはかないませんが、それでも選択に迷ってPC専用サイトからの移行を躊躇されているようなら迷わずにレスポンシブWebデザインから始められるべきだと思います。

このページは最終更新日から1年が経過しています。
情報が古い可能性がありますのでご注意願います。
新しい情報があるかもしれませんのでこちらから検索してみてください。