ホームページ作成ソフトバージョンアップや、パソコンを変えた際の移行などは本当に面倒な作業です。

ホームページビルダーなどのホームページ作成ソフトのバージョンアップというのは1年に1回程度あります。

毎年バージョンアップする必要もないですし、そのような人は少ないと思います。

ただ、何年かに1回ぐらいは何らかの理由でバージョンアップを迫られることもあるかと思います。

ソフトウェアの費用も問題ですが、バージョンアップすることで今までと環境が変わったりして煩わしいことも多々あります

それ以外にも、WindowsなどのOSの方のバージョンアップに合わせて、ホームページ作成ソフトが古いと対応していない場合もバージョンアップが必要になったりします。

同様に、パソコンを新しく変えた場合は、ホームページ作成ソフトを移行する必要が出てくるため更に煩わしい作業が発生します

こう考えると、ホームページ作成ソフトというのは、手間のかかる代物とも言えます。

それに対して、WordPressというのは、こういった煩わしい作業をほとんど経験することがないソフトというかシステムです。

最初の導入の技術的なハードルが若干高いのですが、これさえクリアしてしまえば後は楽なものです。

WordPressは、レンタルサーバーの方にインストールするため、あなたのパソコンには何も入りません。

バージョンアップが必要な時は、サーバーの方のシステムをバージョンアップします。

それも、ほぼワンタッチでバージョンアップが可能ですので、ホームページ作成ソフトのバージョンアップとは比較にならないぐらい簡単です。

また、パソコンを交換した場合も、そもそもパソコンには何もはいっていませんから何の変化もなく今まで通りに使えます。

つまり、他人のパソコンを借りたり、あるいはタブレットを使ったり、ネットカフェのパソコンであっても使えたりする訳です。

もちろん、WordPressにもデメリットはありますから、全てにおいてホームページ作成ソフトよりも優れているとは言いません。

ただ、プロでない一般の方がどちらを使うべきか考えれば、どう考えてもWordPressの方に軍配が上がると言わざるを得ません。

このページは最終更新日から1年が経過しています。
情報が古い可能性がありますのでご注意願います。
新しい情報があるかもしれませんのでこちらから検索してみてください。