ビジネスのためのWordPressの使い方

WordPressの使い方と言っても、どのような目的で使うかによって使い方は全く異なってきます。
 
たとえば、Webサイト(ホームページ)として使う場合も、ショップ(店舗)の紹介ページとして立ち上げる、サイトで商品、サービスを売るために立ち上げるなどがあります。
 
ブログとして使う場合も、既存サイトにブログ機能を追加する、独自ブログにしてアフィリエイトを目的として使う、などいろいろあります。
 
そこで、WordPressの使い方として有益な情報を以下のようにまとめました。
 
WordPressをホームページとして使うには、レンタルサーバーを借りる必要があります。
 
また、独自ドメインを取得することをお薦めします。
 
レンタルサーバー会社をうまく選ぶと、面倒なインストール作業が簡単に行えます。
 
WordPressを使ったホームページのメリットは、ホームページ作成ソフトを使わなくても容易に、ページの変更や追加ができることです。
 
⇒「WordPressをホームページとして使う」について、もっと詳しく
 
WordPressをブログとして使うには、ホームページと同様にレンタルサーバーが必要です。
 
アフィリエイトをするなら、WordPressで独自ドメインでの使い方がお薦めです。
 
アフィリエイトとなると、アメブロなどの無料ブログを使いがちですが大きな問題があります。
 
それは、無料であるが故に、ページにたくさんの広告が貼り付けられてしまうことです。
 
自分のアフィリエイトリンクがクリックされる確率はどんどん下がります。
 
⇒「WordPressをブログとして使う」についてもっとくわしく
 
WordPressを使う前のサーバー設定には、どういった作業が必要なのでしょう。
 
この問題がクリアされれば、どんな人でもホームページを簡単に管理できてしまうのがWordPressの素晴らしい点です。
 
WordPressというのは無料で本当にすばらしいソフトなのですが、このサーバー設定という難関で一体どれぐらいの人が挫折しているでしょうか?
 
WordPressの使い方というのは、サーバー設定の方法と言えるかもしれません。
 
⇒「WordPressを使う前のサーバー設定」についてもっとくわしく
 
WordPressを初心者が使う場合に理解しておくべきことは、作業の手順ではなく、作業の本質だと思います。
 
WordPressをダウンロードしたり、使えるようにしたりする手順はネットを探せばいくらでも見つかります。
 
ただ、それぞれの作業の本質が分かっていないと、ただの機械的な作業になってしまうのです。
 
つまり、初心者が理解すべきなのは、WordPressの使い方ではなく本質の理解なのです。
 
 
WordPressをインストールして使うための手順は、まずはドメインの取得です。
 
ドメインを取得して、レンタルサーバーを借りて初期設定をします。
 
最新版のWordPressをダウンロードして、借りたレンタルサーバーにアップロードします。
 
そして、WordPressを使うのに必須となるデータベースの設定をします。
 
ところで、ここまでの作業は、レンタルサーバーの選び方を間違えなければ、レンタルサーバー側で容易に導入できるサービスを提供してくれています。
 
問題は、その先のテンプレート探し、プラグインの導入、アクセス解析の設定などです。
 
⇒「WordPressをインストールして使うための手順」についてもっとくわしく
 
ところで、WordPressを使ってたったの6ステップで集客のためのホームページを作る方法をメールセミナーという形でまとめました。
 
以下の6つのステップでWordPressを使ってホームページを短期間に立ち上げる方法です。
 
  1. 必要最低限の原稿を作る
  2. WordPressをインストールする
  3. 基本設定する
  4. テーマ(テンプレート)の設定をする
  5. 必要最低限のプラグインの設定をする
  6. 反応が取れるページに育てるための準備をする

くわしくは、こちらのページをご覧下さい。